どんなに筋トレしても、お腹の脂肪は取れない理由を教えます!

女性ならくびれたウエスト、男性なら割れた腹筋は誰でも憧れますよね。

でも、30代を過ぎた頃からお腹に脂肪が付いてきて、全くケアしないでいると、40代でその脂肪は定着してぽっこりお腹が当たり前の状態になってしまいます。

でも、安心して下さい!

やり方次第では、1ヶ月もあれば、お腹周りをかなりスッキリさせることができます。

みんな正しいダイエットのやり方を知らないだけなんですよね。。

お腹の脂肪を取ろうと、腹筋ばかりしている人がいますが、疲れるだけでほとんど脂肪は取れません・・・。

腹筋によってお腹に筋肉は付くかもしれませんが、その上にどっさり脂肪が乗っかっているので、その筋肉は地中に深く埋まったような状態で見えません。。

筋肉と脂肪は別物なので、どんなに腹筋を頑張っても、お腹の脂肪は取れないということです。

ただし、筋トレはダイエットには非常に重要です。

というのも、筋肉は脂肪を燃焼するエネルギーとして機能するからです。

ですから、お腹の筋トレだけでなく、全身の筋トレをすることによって、脂肪が燃焼しやすい体となっていきます。

また、お腹の脂肪を取る方法として筋トレ以上に重要なのが食事です。

というのも、脂肪の源は食事だからです。

人間の体は口から入れたモノ、つまり食事によって形成されます。

食事がダメだったら、当然、体型もダメになってしまうのです。

人間の体は口に入れるモノで決まる。これは絶対に覚えておいて下さい。

また、口に入れるモノだけでなく、食事のタイミングも脂肪に影響します。

ただし、食事制限は筋トレ以上に人間にとってはつらいものです。

たまには、大好きなものを思う存分食べたいと思うのが普通です。

そこで、サプリを上手に使うわけです。サプリメントは日本にすると「栄養補助食品」です。つまり、日々の食事の補助としてサプリを上手に使って、脂肪が付きづらい体の状態にするというワケです。

30代、40代はなりふり構わずダイエットしてもなかなか効果が得られません。もっと戦略的にダイエットする必要があります。

また、男性、女性に関わらず、1人でのダイエットはなかなか続かないものです。

人は誰かの監視の目があって初めて頑張れる生き物です。

女性ならエステ、男性ならプライベートジムなどを上手に使うことによって、よりスピーディーに理想とする体型に近づけるようになりますよ!

では、それぞれについて更に詳しく解説したいと思います。最後まで読めば、お腹の脂肪を取る方法についてかなり詳しくなると思いますよ (^_^)

お腹の脂肪を取る方法1)食事を制する者が肉体を制する

寝る時間の3時間前までに夕食は済ませる!

まず、お腹の脂肪を取る方法として絶対に覚えておいて欲しいことは、睡眠時間に近い食事ほど脂肪になりやすいということ。

つまり、朝・昼・夜なら夕食に摂るものが一番脂肪になりやすいということ。

たとえば、夕食にトンカツ定食を食べるような食生活なら確実に太ります。

トンカツ定食は美味しいですが、食べるなら昼にしましょう。

夕食はちょっと少ないくらいの量がベストです。

寝る頃には「お腹空いた」と思うくらいの空腹状態で寝ることによって、睡眠中に脂肪が燃焼されます。

睡眠中はダイエットにとって非常に重要な時間帯です。

脂肪は睡眠中に燃焼されるといっても過言ではありません。脂肪燃焼にとって睡眠中はゴールデンタイムなのです。

空腹状態で寝ると、翌朝、体のラインがスッキリしてます。

しかし、寝る前にビール飲みながら、ポテトチップスなんて食べた日には、起きたら顔がパンパンにむくんでいたりします。

寝る前に食べてしまうと、睡眠中に燃焼すべき脂肪が燃焼されないので、どんどん体は太くなっていきます。

太るだけでなく、良質な睡眠がとれずに体調不良になることもあるので注意が必要です。

寝ている間に脂肪が燃焼するということは、睡眠時間が短いと太りやすくなるということです。

最低でも6時間は寝るようにしましょう。

夜に食べるものはご飯、パン、麺類のような炭水化物よりも、魚や脂身の少ない赤みの肉のようなタンパク質がベストです。

たとえば、シャケと野菜、きのこ類などです。

夕食は腹八分目の量に抑えて、最低でも食後から睡眠までは3時間は確保したいところです。

つまり、寝る時間の3時間前までに夕食は済ませておくということです。これが先ほど言った食べるタイミングということです。

お腹の脂肪を取りたいと本気で思っているなら、空腹状態で寝るということを徹底するようにして下さいね。

このように、食べるモノ、食べる量、食べるタイミングをコントロールすることによって、理想とする体は作られていきます。

人間の体は口から入れたモノによって作られるので、「食事を制する者が肉体を制する」と肝に銘じておくといいでしょう。

特に、30代〜40代は20代の頃のように基礎代謝が高くないので、食事コントロールは重要な戦略となっていきます。

お腹の脂肪を取る方法2)サプリで肥満を抑制する

サプリを上手に使ってサプリを味方に付ける!

食事の重要性は分かったけど、付き合いで外食することだってあるでしょうし、たまには大好きなものを思う存分食べたい時だってあると思います。

ボディビルダーの人も、「チートデイ」と言って、月に1〜2回くらい好きなものを好きなだけ食べる日を作って、ストレスを溜めないようにしています。

どんなに理想の体型に近づいても、食事によるストレスを溜めてしまっては不健康なので、そこはバランスを上手にとって食事と付き合っていきたいところです。

そのバランスを取るのに役立つのがダイエットサプリです。

たまにはラーメンだって、ハンバーグだって、トンカツ定食だって食べたい時があるはずです。

そんな時は我慢せずに食べてOKです。(できるだけ、夜ではなく昼に食べましょう。)

その変わり、サプリで上手にバランスを取るというワケです。

「なかったことに」というワケには行きませんが、サプリを飲まないよりは、サプリという補助を使った方がスピーディーに痩せられます。

といっても、ダイエットサプリなら何でもいいというワケではありません。

30代〜40代にオススメのサプリはライオンの「ラクトフェリン」です。

ライオンが「機能性表示食品」として消費者庁に届け出たサプリなので、安心して摂取することができます。(※参考:消費者庁:「機能性表示食品」って何?

「機能性表示食品」とは「事業者の責任で科学的根拠を基に食品パッケージに機能性を表示できる食品」です。

「ラクトフェリン」の機能としては、「内臓脂肪を減らすのを助ける」と「高めのBMIを改善」があります。

40歳前後になると、内臓脂肪がなかなか減らないので、40歳前後でお腹の脂肪を落としたいと考えているなら、「ラクトフェリン」を摂取することは効果的な選択肢の1つとなり得ます。

研究員が研究に研究を重ねたサプリメントですし、価格もそれほど高くないので、まずはこのサプリから始めることをオススメします。

また、女性の場合、「むくみ」に悩んでいる人も多いと思います。

朝起きたら鏡に映る顔がパンパンだったり、夕方になると足がむくんできてパンパンになってしまったり・・・。

むくみは塩分の取り過ぎだったり、立ち仕事で血液が下半身にいってばかりなどが原因なのですが、なかなか自分では改善できないやっかいなものでもあります。

そこで、むくみ対策としてサプリという補助を使うことをオススメします。自分1人で解決できなかったら、他の人やモノの補助を使うのが一番です。

むくみ改善サプリとしてオススメなのが、「するるのおめぐ実」です。

植物性素材にこだわって作ったサプリなので、こちらも安心して飲むことができます。

むくみが改善されるだけで、体重は変わらなくても見た目は痩せて見えるようになるので、むくみ対策は女性にとって必須といっていいでしょう。

5キロ体重を落とすより、むくみを改善する方がラクだと思うので、こういったサプリにお金を投資することは利口な投資と言えます。


むくみ改善サプリメント »

お腹の脂肪を取る方法3)エステで脂肪が燃焼しやすい状態を最初に作る

エステで脂肪が燃焼しやすい状態を作ってからダイエットを開始する!

30代〜40代の女性にぜひオススメしたいのがエステの「お試し体験」です。

「お試し体験」だけならかなり安くプロの施術が受けられます。

その後、継続するかどうかはアナタが決めることです。

今のネット時代では、エステは強引な勧誘はできません。悪い噂はネットで一気に拡散されてしまうからです。

ですから、「お試し体験」だけでも安心して受けることができます!

さらに、痩身エステの場合、1回だけでも人によってはかなり効果を感じることができるのがオススメのポイントです。

1回の施術だけでウエストが3センチくらい細くなったというのはザラです。

だから、継続する人も多かったりしますし、最近では月に1回の定額制エステサロンも登場しています。

美容院に毎月通うようにエステも月1回の習慣にすることによって、自分の美意識を高く保つことができるようになります。

サプリと同じで、エステも美意識を高く保つための補助として使うというニュアンスです。

さらに、ダイエット開始時にプロのエステティシャンのマッサージや最新美容機器で脂肪をほぐすことによって、より燃焼しやすい脂肪の状態になります。

ダイエットの初期段階でエステで脂肪が燃焼しやすい状態を作ることによって、その後の食事制限や筋トレの効果もさらに効きやすくなってきます。

女性のダイエットは痩身エステのお試し体験から始めるというのは、非常に効果的な方法なのです。

では、お試し体験が安く受けられる大手エステを紹介します。大手の方がイメージを気にするので、強引な勧誘がなくていいですよ。

痩身エステお試し体験
エステ 特徴 時間 価格
フェイバリックス
セルライト撃退コース »
10キロ痩せたい

アラサー、アラフォーに人気のエステサロン。太っている原因を徹底分析。痩身専門店ならではの充実コース。
60分 3,000円
(通常16,200円)
エステティックTBC
お腹やせスタンダードコース »

部分痩せか全身痩せを選べる

自分ではアプローチしにくい皮下脂肪層を揉みほぐすマッサージで太りにくいカラダへ。
70分 3,000円
(通常18,600円)
ラ・パルレ
メソセルライト撃退セレクトコース »
セルライトを除去

こびり付いて取れないセルライトを徹底的に除去するコース。
70分 500円
(通常19,440円)
キレイサローネ
サイズダウン定額コース »
月額制エステサロン・全身美容

小顔ヘッドスパ、インナーマッスルを強化する骨盤ケアEMS、脂肪を分解するハイパワーキャビテーション、リンパを流すスーパーラジオ波吸引、老廃物を排出するゲルママットがセットになった月額プラン。
約60分 初月980円
(通常 月額15,980円)

大阪梅田
東京新宿
東京銀座
神奈川横浜
ミスパリ
トリプルバーン痩身法 »
高級路線が好きな人はコレ

セルライト・皮下脂肪・内臓脂肪を同時に効率よく燃焼させるトリプルバーン痩身法。
約60分 9,000円
(通常22,000円)

お腹の脂肪を取る方法4)筋トレを習慣にすることで太りづらい肉体は形成される

筋トレは正しい方法でやらないと全く意味がなくなる。

お腹の脂肪を取る方法としてだけでなく、太りにくい体を作るという意味では筋トレは最重要項目です。

また、ダイエットだけでなく、健康にも筋トレは必須です。

女性に「筋トレをしましょう」と言うと、筋肉が付いて嫌がる人もいますが、筋肉ってそんなに簡単には付きません。

また、間違ったやり方で筋トレをしても、疲れるだけで全くカラダに効いていないことにもなり兼ねません。

筋トレにはコツがあって、正しいやり方なら1日15〜30分でも十分に効果があるのです。

フィットネスジムなどに通って、マシーンを使って筋トレをしている人も多いですが、正しいやり方、カラダに効かせる筋トレ方法じゃなければ、1時間やっても2時間やってもたいした効果は見込ません。

人によっては、単なる時間のムダで終わってしまうこともあるのです。

つまり、筋トレで重要なことは、最初に正しいやり方、体に効かせる筋トレ法をマスターすることなのです。

そのためには、熟練したトレーナーに教わる必要がありますが、こればかりは本をどれだけ読んでもなかなか理解できません。

だからこそ、今はライザップを始めたとしたパーソナルトレーニングが増えているのです。

プライベートジムなので、通常のジムよりも高く付きますが、最初に2ヶ月くらいかけて正しい筋トレ方法を学ぶことで、その後、一生使える知識が付きます。

さらに、パーソナルトレーナーと二人三脚でやるので、サボれませんし、食事についても徹底管理されます。

ダイエットは1人でやってもなかなか成功しないですし、今まで筋トレとは向き合ってこなかった人には特にオススメです。

最寄の複数のプライベートジムでカウンセリングを受けてみて、一番しっくりしたところを選んでみるといいでしょう。

パーソナルトレーナーとの相性みたいものもありますからね。

プライベートジム(価格が安い順)
完全個室ジム 料金(税抜) 期間 場所
BOSTY(ボスティ)
入会金 30,000円
159,800円

合計 189,800円
2ヶ月
計12回
1回50分
六本木
bellezza(ベレッツァ)
入会金 35,000円
月会費 98,000円

合計 231,000円
2ヶ月
週2回 計16回
1回75分
銀座

東銀座

秋葉原
RIZAP(ライザップ)
入会金 50,000円
298,000円

合計 348,000円
2ヶ月
週2回 計16回
1回50分
全国に60店舗以上

以上が、食事、サプリ、エステ、筋トレでお腹の脂肪を取る方法です。30〜40代は戦略的にダイエットに向かい合う必要があります。

そのためには、投資すべきところにはしっかり投資するという姿勢が大切です。

結果を短期間で出した人は、必ず投資すべきところに迷わず投資しますから。